【転職番外編】「仕事辞めたい」を乗り越える方法

仕事辞めたいを乗り越える

こんにちは、ちえのわです。

看護師として働いていると、仕事辞めたいって結構よく聞くワードです。

口癖のように言ってしまう、なんて人も多いのではありませんか?

今回は、

「もうこんな仕事は嫌だ!」

「今まで我慢していたけど、とうとう辞めてやるぞ!」

となったときの乗り越え方をお伝えします。

ちえのわ

ちえのわ

今まで5年ほど看護師を続けているけど、辞めたい気持ちが何度も押し寄せたよ。

定期的にやってくるこの気持ちはどうしたらいいの?

この気持ちを抑え込むのは精神的にも負担がかかります。

正しい方法を実践することで、この気持ちにきちんと向き合うことが出来るので、取り入れて実践してもらえると嬉しいです。

この記事を読んでほしい人
  • 今すでに辞めたくて仕方ない人
  • 周りの同僚が退職し、残ることに不安を感じている人

結論:勢いで仕事を辞めることは損

この記事を読んでいる方には

もう仕事辞めたい!明日には退職願を出したいくらい!

という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その勢いそのままで仕事を辞めるのはおすすめできません

勢いで仕事を辞めてしまうことで、あなたにとってこんなにも損なことがあるんです。

  • ボーナスや退職金を貰い損ねる
  • 転職先も勢いで決めてしまい、賃金や福利厚生、環境がむしろ悪くなる
  • 人間関係が良くなるとは限らない

一度落ち着いて、あなたの辞めたい気持ちに向き合いましょう。

「仕事辞めたい」を乗り越える方法

あなたの辞めたい気持ちに、どう向き合うことが良いのか具体的な方法をお伝えします。

すべてがあなたにあった方法とは限らないので、「これならわたしでもできそう!」というものを取捨選択して行動にうつしてみましょう。

「辞めたい」に繋がる要因を細かく書き出す

あなたの感じている「辞めたい」という気持ちが漠然であればあるほど気持ちが先走り、勢いで行動してしまいます。

「辞めたい」を野放しにするのは危険です!

ちえのわ

ちえのわ

勢いで辞めちゃうのは周りにも迷惑がかかるし、いろんな場面で印象が悪くなっちゃうからね。

何より最初に、できる限り細やかに、「辞めたい」に繋がる要因を書き出しましょう

さあ、紙とペンを用意して、あなたの思いの丈を書き出しましょう。

可能であれば、書き出した要因の中であなたの気持ちに占める割合が大きいものにはマーカーや色ペンで印をつけておくと良いでしょう。

現在の職場の良い点を書き出す

辞めたいという気持ちと真逆のことをするのは大変ではありますが、良い点を書き出すことで自分の置かれている状況をきちんと把握することが出来ます。

就職したときにはその職場が良さそうだと思って入ったわけですから、本当は良い点があるはずです。

辞めたくて仕方がない職場が、

「実は子育てや介護の支援が豊富だったり、取りたい資格の助成が出る」

「仕事内容は受け入れられないけど、周りの同僚や上司に嫌だと思う人はあまりいなかった」

「人間関係はあまり良くないけど、そういえば負担になるほどの残業や休日出勤はなかった」

といったように、今まで当たり前だったために忘れていた良さや活かせていなかった良さに気がつくことが出来るかもしれません

ちえのわ

ちえのわ

一旦腰を据えて考えられたあなたはエライ!最高!

本当に辞めたほうが良いのか客観的に検討する

ここまで来ると、あなたの目の前には「辞めたい」要因が書いてある紙と、現在の職場の良い点が書いてある紙が並んでいますね?

2枚の紙を見ながら、「辞めたい」要因を解決するには本当に辞めるしか方法がないのか、良い点を活かす働き方はないのかじっくり考えましょう。

例えば、こんな考え方はどうですか?

  • 他の診療科に異動し、仕事の幅を広げてみる
  • 助成が出る資格の中から一つ取り組んでみる
  • まだ一度もやっていないこと(プリセプターや看護研究)に取り組んでみる

これらの行動は、いずれ転職するときに必ず履歴書に書ける内容であり、あなたの看護師としての価値を高めてくれます。

(履歴書の書き方はこちらの記事で紹介しています!)

どのみち辞めると思っているなら、自分に有利な環境を利用しない手はないですよね!?

きちんと考えてから辞める人になれば、勢いで辞める人に差をつけられます。

行動にうつしていくうちに、新しいやりがいや成し遂げたい物事に出会うことができるかもしれませんよね。

そうすれば、「あの時の辞めたい気持ち」を乗り越え、さよならすることができますね。

まとめ

どんな職場であっても、あなた自身が気持ちよく、少しでもやりがいや楽しみを持って働けることが一番大切です。

だから仕事を辞めることはまったく悪いことではない。

ですが、今の職場にもそれがあるかもしれないのに見逃していたらもったいないですよね?

自分が損をしないよう、仕事を辞めたくなったら毎回立ち止まってみてくださいね。

一人でも多くの看護師が生き生きと働けますように。

ちえのわ

ちえのわ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お気に入り登録、シェアなどよろしくお願いします。

⇩ぽちっとクリックで応援してくださると嬉しいです!⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

進学・転職について悩んている人はtwitterのDMで相談も受け付けています。

ちえのわのtwitterはこちらから!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA