【性教育を発信したい方へ】無料で使える性教育イラスト素材集ができる!

性教育イラスト素材サイト

こんにちは、ちえのわです。

今回は、「性教育」について

  • 日頃個人やNPO法人で発信をしている方
  • 保育士、教職で子どもたちへ教えている方
  • ご家庭で、子どもたちへ教えている方

に向けて性教育用の教材(プリントや黒板に貼るもの)に便利な性教育イラスト専門の素材サイトが今後ローンチされるので紹介します!

イラスト素材がとっても豊富なので、苦労している方は必見です!

性教育の重要性を実感したきっかけは新生児科

わたしは3年間新生児集中治療室(NICU)で勤務した経験をもっています。

3年間で本当に多くの赤ちゃんとそのご両親を見て来ましたが、中には10代のお母さん、経済的に困窮しているお母さん、パートナーから暴力を受けているお母さん、知的障害のあるお母さん・・・本当に様々な家族模様があります。

NICUを卒業しご自宅で家族支え合いながら暮らしていく場合もあれば、養子縁組や施設へ手放さなければならない場面もたくさん見てきました

その時の苦悩や、涙、離れていく我が子への愛

それは看護師として働いていては、事前に救ってあげることは出来ないものでした。

こうして性の問題に直面すると、これらの性教育の重要性を実感しました。

  • 親から子へ、子から孫へ伝え続ける性教育
  • 幼稚園、小学校、中学校、高校とそれぞれのステップに合った教育機関での性教育
  • 今現在20代以上の人への性教育

だけれど、自分では具体的に行動を起こせずにもどかしい思いをしながら現在に至ります。

そんな思いもあるので、今回こんな素敵なサイトを紹介できて嬉しいです!

無料で使える性教育イラスト素材集(現在サイト立ち上げ中)

ある日、twitterで性教育いらすとさんのアカウントと出会いました。

ちなみに、サイト制作者さんは「佐藤ちと」さんというデザイナーさんです。⇛アカウントはこちら

性に関するものを、とってもポップに、でも正しく描いていて素敵!わたしも看護や性に関する記事でぜひ使ってみたい!と思いました。

性教育イラスト素材を描き、サイトを立ち上げるきっかけ

引用元:https://twitter.com/seikyouiku_illu

性教育のイベントに参加する中で、「性教育の教材に使う素材選びに皆苦労している」ことに気づき、ご自身の得意分野であるイラストを活かして活動を始められたそうです。

気づきからすぐに実践に移すことのできる行動力が素晴らしいですよね!

その後、サイトの立ち上げ&運営のため、クラウドファンディングサイトGoodMorningにて資金を集められていました。(現在は目標金額を達成されたので終了しています)

かゆいところに手の届くイラストたち

現在サイトは準備中なのでイラストを使用することはまだ出来ませんが、公式twitterで作成中のイラスト素材を紹介されています。

性に関する素材は写真では用意しにくいし、実物が手に入りにくく、実際に見せるのも難しいこともありますよね。

医学系書籍を参考に正しい情報を得て、それを柔らかい優しいタッチでイラスト化されているので、信頼性と親しみやすさが共存している点が素晴らしいですね。

サイトが出来上がったときにどのくらいの量の素材がローンチされるのか、非常に楽しみです。

性教育イラストをどんな目的で使うか

公式twitterを立ち上げた際に応援のコメントが非常に多く届いたそうで、イラストを見た方々が様々な目的で使いたい!と今から想像を膨らませているようです。

コメントした方のわくわくした気持ち、早く使いたい!という気持ちがとっても伝わってきますね。

わたしも公式twitterでイラストに一目惚れした1人なのですが、

  • 生理用品や愛用の月経カップの良さを伝える記事の挿絵に使いたい!
  • PMSや生理前後の過ごし方、パートナーへお願いしたいことなどの表現に使いたい!
  • 新生児集中治療室の経験から避妊、家族計画の重要性を伝える記事に使いたい!

などと妄想を膨らませています・・・!

まとめ:性教育いらすとサイトローンチをみんなで待とう!

今回は、公式twitterにDMでラブレターを送り、このように紹介記事を書かせていただきました!

使用した画像はtwitterやクラウドファンディングページから許可を得て引用しております。

この記事を読んでいただき、より多くの人と一緒にサイトのローンチを待つことが出来たら嬉しいなと思います!

年内のローンチを予定しているそうなので、したときにはこの記事で改めてお知らせもしていきます!

あらためて、公式twitterはこちらになります。フォローしてイラストもチェックしてみてくださいね。

今回記事にする許可をくださった佐藤ちとさん、改めてありがとうございました!

ちえのわ

ちえのわ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お気に入り登録、シェアなどよろしくお願いします。

⇩ぽちっとクリックで応援してくださると嬉しいです!⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

進学・転職について悩んている人はtwitterのDMで相談も受け付けています。

ちえのわのtwitterはこちらから!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA